『腸』と『睡眠』

腸を整えて睡眠の質を高めましょう。

眠気は、脳の中心にある松果体から分泌される眠気ホルモン「メラトニン」の作用です。メラトニンの生成には、必須アミノ酸の一種トリプトファンという栄養素が必要なのですが、トリプトファンは食品からしか摂取することができないといわれています。

そこで「腸内細菌」が肉・魚・乳製品・大豆などに含まれるタンパク質を分解、合成して、トリプトファンをつくることでメラトニンの生成に関わっています!

ちなみに心の安定をもたらす、「セロトニン」ですが、メラトニンになる全段階のホルモンなので腸内細菌が減少して働きが悪いと、セロトニンが不足してメラトニンも不足することになります。

腸には食べ物を消化するだけじゃなく、体に有益な物質を作り出したり、免疫力を高める働きがあります。また第2の脳とも呼ばれ睡眠の質・心にも影響を与えていますので、腸内環境を整えて睡眠の質を高めましょう!

前の記事

1日に約3万回の『呼吸』