こむら返りがおきたら!

こむら返り(足がつる)の『こむら』は漢字でかくと『腓』で、ふくらはぎの事です。こむら返りはふくらはぎにある腓腹筋にけいれんが起こる状態です。すねの前面の外側にある前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉のけいれんも広い意味ではこむら返りといえると思います。

このこむら返りですが、一般的な原因としては、筋肉の疲労や冷えなどで、筋肉の酸素供給や疲労物質の乳酸などの排除が不十分になって、筋肉の突発的で異常な収縮が起こるといわれています。

こむら返りになったら、足の指を上に引っ張れば、縮もうとしたふくらはぎを伸ばすことになるので、症状や痛みが軽減されます。また、すね前面の前脛骨筋の場合は、ひざの下に位置する脛骨の外側の筋肉に圧痛点(指などで圧迫したときに痛みが強くでる所)を強く押すことによって、症状や痛みが軽減されます。
もし、こむら返りになったら、ためしてみてください!

前の記事

肩こり

次の記事

膝痛