眠ることは最強のアンチエイジング!

眠っている時間は、健康と美をつくる大切で大事な時間です。睡眠と深い関係にあるメラトニンと成長ホルモンを味方につけましょう!

眠っている間に主に働く睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニン。心身をリラックスモードにして、自然な眠りを促してくれる役割や強い抗酸化力をもっているといわれ、ビタミンC・ビタミンEを上回るといわれています。寝不足が続くとメラトニンの減少で、体内の細胞組織が活性酸素からのダメージを受けやすく、老化が進んでしまいます。

睡眠中に分泌されているもう1つのホルモン、成長ホルモン。子供の成長にだけ必要と思われているかもしれませんが、大人の美容や健康にも重要で、ダメージを受けた細胞の修復・肌のターンオーバーの正常化を促し、天然の美容液といわれています!

成長ホルモンは、昔、22時~深夜2時が多く分泌されるといわれ、そこがゴールデンタイムと言われていましたが、今はその時間帯よりも入眠した時間(最初に訪れた深い眠り)が重要とされています。ですので、新・ゴールデンタイムは、入眠してから3時間です!とはいえ、理想の睡眠時間は、6時間~7時間ですので、午前0時には眠るようにして、2つのホルモンを味方につけましょう!

次の記事

睡眠改善ヒント①