膝痛

膝の関節は、体重の負担が一番大きくかかる関節と言われています。大腿骨(太ももの部分にある骨)・脛骨(膝から下にある骨)・膝蓋骨(膝の部分)、3つの骨で構成されていて、大腿四頭筋の腱が集まって膝蓋骨とその下の脛骨に固定され、膝の衝撃を吸収・複雑な動きの調整をするために関節内部には半月板というクッションがつき、多くの靭帯で頑丈にするために補強、関節の中にも前・後十字靭帯があります。
複雑な関節のため、膝が痛いと言っても、上記のパーツそれぞれ故障している可能性がありますので、膝のどこが悪いのかチェックも必要です。

変形性膝関節症は、膝が腫れて痛い・膝をまっすぐに伸ばせない・膝に水がたまるといった症状があります。体重の増加は膝への負担が増すので、膝痛の要因になりますので、肥満には気を付けてください。ただ、要因にはなりますが原因ではない場合も多々ありますので、肥満が原因と言われてしまった場合は、お気軽にご相談ください。

前の記事

こむら返りがおきたら!

次の記事

痛みは冷やす?温める?