鼻呼吸してますか?

口呼吸は、くちびるがカサカサになる原因の1つでもあり。乾燥した空気・冷たい空気が喉の粘膜に直撃し、さまざまな花粉・ウイルスが付着しやすくなります。また、冷たく乾いた空気が直接肺に送られるので、肺がダメージを受けます。

鼻呼吸は、外気の温度にかかわらず、鼻を通った空気が喉に突いたとき、体温に近い温度になり、肺にも負担をかけにくくします。また、顔の骨の空洞、副鼻腔では一酸化窒素が産生されているといわれています。その一酸化窒素は組織に働きかけ、血管をやわらかく広げる働きがあるといわれていますので、全身の血流がスムーズになります。

鼻は、加湿器・空気清浄器・エアコンの役割をもっていますので、口呼吸していると感じた場合には、意識して鼻呼吸を行ってみませんか?